100年村の概要

概     要


100年村の入口には関所があります。入村者はそこで簡単な説明を受けた後、100年前には存在する筈のない

ものを全て預けます。(一部除外品あり)の後、各自思い々の当時の服装に着替えます。(レンタルあり)

 

い回廊のトンネルを抜けるとそこは100年前の世界。入村者は皆、各自思い々の過し方で古き良き日本を体験します。(下記プログラム内容 参照)ここには商業主義的で過剰なサービスが一切ありません。ユルキャラ・アトラクション・キャラクターグッズもありません。観光のための施設・民芸館・歴史資料館はおろか案内所さえありません。100年前のごく普通の街並みや農村風景が広がっています。

 

何も知らずにここを訪れた方にとって100年村は退屈で不便な場所でしかありません。中には途中で「帰りたい」「スマホがないと生きていけない」などと言い出す人もいるかも知れません。             

 

感じ方は各自違いますが、100年村はあえて現代社会から離れ当時のあるがままの世界を体験する中で色々な思いを感じて頂く場所です。ここでは有名人も普通の人も…お金持ちもそうでない人も…高齢者も若者も関係ありません。あらゆる人々が分け隔てなく本来の日本を実感して頂ける場所です。 

 

100年村には住人がいます。中長期的な移住者、農業や酪農や製造業で生計をたてる人、入村者を対象に商売をする人や「100年村ブランド」の製品を現代社会へ販売する人もいます。又、古き良き日本の伝統文化をかたくなに守り通すための活動を行なっている方もいます。

 

ここで暮す理由は様々ですが、皆共通のルールに則った中で自由な「時代暮らし」を満喫しています。

勿論通行手形(フリーパスポート)を利用し自由に現代との往来が可能です。

 

100年村では以下のモラルを推奨しています。

 1)挨拶をしましょう。

 2)人に親切にしましょう。

 3)自分で出来ることは自分でやりましょう。

 4)他人の迷惑になったり、大声で騒ぐのは止めましょう。

 5)有名人に会っても知らないふりをしましょう。

 6)現代の話を大声で話すのはやめましょう。

 7)その他、人として恥ずかしくない行動を心がけましょう。

 

完成予想図(※ 未完成)


 

 

 

 

 

 

 

 

 

※現状ではスタート時点でのスケールが

定まっていないためにこの完成予想図は

未完成です。

 

参加者(個人・企業・団体)や資金の概要が

判明した時点で正式な図面を発表します。

 

プログラム内容


訪問者

 

1.観光

  当時の街並みや農村風景の見学・飲食

      伝統芸能鑑賞(歌舞伎、能、芝居、落語 等々)

 

2.宿泊

  古民家・宿泊施設・お寺での宿泊 

  中~長期的滞在

 

3.体験

  農業・酪農・林業 等の労働

  茶道・陶芸・武道・工芸 等の伝統体験

      神社仏閣での修行(写経・座禅・清掃)

  動物との触合い(保護・飼育・里親募集)

 

4.学習

  修学旅行・臨界学校・教育プログラム 等

  引きこもり~登校拒否児童等の更正施設

  社会人研修(新人・管理職 等々)

 

居住者

 

1.一般的居住者

  自宅や別荘として不動産を所得又は賃貸契約

  した中長期的生活者

 

2.経済活動を目的とした居住者

  農業・酪農・林業・伝統工芸 その他 

  村内での経済活動を目的とするその従事者

 

3.100年前の伝統文化・芸術・技術等を保存

  ・継承することを目的とするその従事者

 

4.村内での事務・管理・防犯・設備・医療を

  目的とするその従事者 


アーミッシュとの違い


アーミッシュとはアメリカ合衆国のペンシルベニア等を中心に居住するドイツ系移民の宗教集団です。移民当事の生活様式を保持し、農耕や牧畜によって今も自給自足の生活をおくっています。

100年村はこのアーミッシュの社会スタイルと似ていますが、根本的な部分で大きく異なります。

 

1.宗教的概念や片寄った思想信条がありません。

2.入村する場合の規定はありますが、出て行く場合はありません。

3.衛生や防災・安全面での基準は現代の規定が適用されます。

 

他の施設との違い


 100年村は既存の「観光施設」や「体験型テーマパーク」とは違います。

 

1.入口には関所があり100年前当事には存在しない品物は持込むことが

  出来ません。(薬品や眼鏡など一部の製品は除く)

2.衣食住をはじめ通貨・建物・風景に至るまで粗全てが当事のもので

  構成されています。(衛生・防災・安全面で除外品あり)

3.商業主義的で過剰なサービスが一切ありません。

4.居住者がいます。又実際にそこで暮らすことが出来ます。

5.施設・住居・別荘としての不動産の賃貸・購入が可能です。